開講講座

探求/課題解決型講座の組み立てと運用方法

探求学習や課題解決型講義(PBL)は生徒・学生の主体性を引き出し、自ら学ぶ力を引き出す講義です。就職環境や大学入試も変化する中で、今後は自ら課題を発見し能動的に学習できる人材が強く求められるでしょう。私たちは10年前から小学校で課題解決型講義をスタートし、現在は複数の大学でPBLを実施しています。これから課題解決型の授業を実施される先生のために、授業の組み立て方から運営のコツまでわかりやすく解説します。

講座名 探求/課題解決型講座の組み立てと運用方法
開校日時 ご相談ください
受講時間 3時間/回 全3回コース(※単発での開講も可能です)
受講内容 【第1回】
全体を設計するときに気をつけること
・課題解決型講義の流れ
・課題解決体験ワーク
【第2回】
授業の運営について
・グループワーク体験
・フィードバックのポイント
・グループ運営の上手な進め方
【第3回】
振り返りや学び
・全体の授業の進め方
・外部人材の巻き込み方
対象者 「課題解決型授業」に関心がある教員・講師の皆様
講師・講師紹介 一般社団法人キャリアラボ 松田剛典
運営主体 キャリアラボ