サイバーフェリックス

img
デジタル社会がもたらした便利な生活の一方で、子どもたちは、「ネットいじめ」などをはじめ、様々な脅威に日々さらされています。これらの脅威に対処するための力を身につけることを、 DQの普及を通じてサポートしています。

「DQ」とは

DQと聞いてもあまりイメージが湧かない⼈が多いはずです。DQとは簡単に⾔ってしまえば、IQのデジタル版のことです。DQを学習することで、ネット上のリスクを最⼩化し、チャンスを最⼤化することができます。またDQは世界基準であるため、⽇本国内だけでなく全世界での⽐較も可能な共通⾔語になります。


ネット上の脅威から子どもたちを守る

提供しているプログラム

小学校時代や中学校時代は、子どもたちがSNSを頻繁に使い始め、ネット上のリスクにも直面するときです。DQ教育プログラムでは、子どもたちにとって必要不可欠な8つのデジタルシティズンシップを備えてもらうこ とを目的とし、子どもたちのDQを高めるDQ World、DQ講座を提供しています。

目的やご希望に応じたプログラムを提供

定期開催型DQ講座は、どなたでもご参加可能です。訪問型DQ講座は、保護者向けや生徒向けに柔軟にカスタマイズ可能です。また、学校のみならず、教育委員会やPTA、塾などに対してもご提供させていただきますので、詳細は、下記、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

DQ(デジタルインテリジェンス)とは、個々人がデジタルライフの課題に向き合い、
デジタルライフのニーズに対応するために必要な技術的・精神的・社会的スキルの総称です。

日本における「# DQEVERYCHILD」のインパクト

30カ国中26位
日本の学校や家庭でのデジタル教育

1,000,000人
世界でDQ教育を受けた子供の人数

15%
DQ学習によるネット上のリスクの減少率

スクリーンタイムの扱い:過度のスクリーンタイムとマルチタスクが及ぼす悪影響について学びます。その後、どのように”3-2-1ルール”と家庭でのメディア制限ルールを設けるかを考えてもらいます。

プライバシーの扱い:個人情報のさまざまの形態といかにそれらが意図的に(意図せずに)シェアされているかを学びます。その後、どのようにしてプライバシーを保護するかプライバシー制約と”3Ws”を用いて考えてもらいます。

ネットいじめの扱い:ネットいじめによってどのようなことが起きるのか、またネットいじめにつながる行動はどのようなものがあるのかについて学びます。その後、いじめゼロ誓約といじめに関するルールに従いながら、ネットいじめへの対応を考えてもらいます。

デジタル市民のアイデンティティー:なぜ私たちはオンライン上で異なる人格や間違った人格になろうとするのか、また、その結果どのようなことにつながるのかについて学びます。その後、オンライン上で誠実なアイデンティティーを保ちながら他者へのリスペクトを示すにはどうすればいいかについて考えてもらいます。

デジタルフットプリントの扱い:デジタルフットポイントはどのようにして残るのか、またそれらが評価に影響を与える可能性について学びます。その後、自分自身の行動を分析するとともに、投稿前に”Stop-Think-Connect”を用いることでポジティブなデジタルフットプリントが残せるように考えてもらいます。

サイバーセキュリティーの扱い:オンライン上で起きている様々なサイバー攻撃の形態(スパム、スキャム、フィッシング)とそれによって引き起こされた事態について学びます。その後、それから自分を守るためにどうすればいいかについて強固なパスワードを設定することや、注意深くログアウトすること等を通して学びます。

クリティカルシンキング:オンライン上の誤った情報やオンライン上で出会った人を疑うことの重要性について学びます。その後、どのようにして情報の真偽や信頼できる相手かそうでない相手を判断するのかについて、”疑う-調べる-確信する”、”知らない人への警戒”を用いて学びます。

デジタル共感力:向かい合って会話のできないデジタル世界でどのように他者への共感を示すのかについて学びます。その後、高次元でオンライン上の他者に共感でき、より良いデジタル世界を形成していくにはどうすればいいかについて学びます

訪問型DQ講座(団体向け)

DQトレーナーが訪問し、8つのデジタルシティズンシップスキルについて教職員向け、保護者向け、児童⽣徒向けにワークショップを⾏います。内容はお客様のご要望に沿って柔軟にカスタマイズ可能です。

●教職員向け
教職員の皆様にDQのコンセプトをご紹介し、DQ Worldの効果的な使⽤⽅法や、活⽤事例について説明します。DQトレーナーによる90 分〜120 分のワークショップでは、学習のコツやスケジュールのアドバイス、Q&Aなども含まれています。
» 講座名:IQ・EQ・DQ 子どもたちがテクノロジーマスターになるために

●保護者向け
DQトレーナーによる 90~120 分の保護者向け DQプログラムを実施します。デジタルシティズンシップ8つのスキルから、主に2つのスキルをピックアップし、事例などを用いたワークショップを実施します。
» 講座名:デジタル世代における最も優れた 保護者になるために

●児童生徒向け
DQトレーナーによる児童生徒向け集合型プログラムを実施します。デジタルシティズンシップ8つのスキルから、主に2つのスキルをピックアップし、事例などを用いたワークショップを実施します。
» 講座名:テクノロジーマスターになるために

サイバーフェリックス: https://cyber-felix.com/

ご挨拶

ネットトラブル・ネットいじめ・ネットでの炎上、、、進化し続けるSNS の進行を止めることはできません。“ ワクチン“ のような予防策が必要です。私たちは、本プログラムが、子どもたちの未来に不可欠なデジタルスキルを教えるだけにとどまらず、デジタル世界においても豊 かな人生を開拓していく礎を築くことを願っています。

石山 将 DQ Institute DQアンバサダー / 株式会社CyberFelix代表取締役