開講講座

ネットいじめを防ぐには

ネットいじめの根本的解決へ

文部科学省が公表した「平成30年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について」によると、パソコンやスマートフォン(以下スマホ)での誹謗中傷といった「ネットいじめ」は過去最多の件数でしたが、いじめ全体の3%と非常に少ない認知件数であることがわかりました。
SNSなど閉鎖的な空間でのやり取り、加害者意識のない子供たちの発信によって、数値には表れない「ネットいじめ予備軍」的なものがさらに多く存在していると言われています。ネットいじめは、いじめを「ネット」という手段で行っていることであり、「なぜいじめに至るのか」に対する「いじめ」の根本的解決と、「ネットという手段でいじめることへの影響」を自覚し控えていく事の2つの側面から解決していくことが求められます。
共生と共育ネットワークでは、実際の事例などを含めながら、子ども達へ「多様性の受容」・「デジタルシティズンシップの修得」を通して、いじめの根本的解決に至る学び、気づきに導ける様、体感・体験型の要素を取り入れた講演・ワークショップを展開しています。
  • 対象:1)教職員 2)小学・中学・高校生
  • 参加者主体で体感でき、当事者意識で気づき・学びを得られるワークショップを交えた講演です。
  • 講演時間・形式はご相談に応じます